新プロジェクトのローンチについて: ビタミンCを32%以上含有したアセロラが、日本上陸しました

キャプション: アセロラベリーには、オレンジに含まれるビタミンCの約100倍の量のビタミンCが均等に含まれており、アセロラに「スーパーフード」の地位を与えています。

キャプション: アセロラベリーには、オレンジに含まれるビタミンCの約100倍の量のビタミンCが均等に含まれており、アセロラに「スーパーフード」の地位を与えています。

キャプション: Cesar Fernandes(シーザー・フェルナンデス)、CAIF最高経営責任者

キャプション: Cesar Fernandes(シーザー・フェルナンデス)、CAIF最高経営責任者

ビタミンCの代替天然資源としての弊社のアセロラ粉末抽出物は、高含有率・高純度であり、市場では他に例がないと思います”

— CAIFのCEOであるCesar Fernandes

ロサンゼルス, カリフォルニア, アメリカ, August 13, 2020 /EINPresswire.com/ — 南アフリカの小さなレッドチェリーは、すでに日本でもビタミンCの天然資源として知られています。今、米国市場においてアセロラ抽出のリーディングカンパニーであるCAIFが、ビタミンCを32%以上含有した、より可能性の高いアセロラ抽出物を日本の健康食品市場、食材市場に提供します。
革新的な集中力と乾燥技術を備えたことにより、アセロラビタミンを果実自体のバイオマスに再分散できます。これにより、製造過程でマルトデキストリンや澱粉(でんぷん)をキャリアパウダーとして使用することを回避できます。
」ビタミンCの代替天然資源としての弊社のアセロラ粉末抽出物は、高含有率・高純度であり、市場では他に例がないと思います」とCAIFのCEOであるCesar Fernandesは述べています。
ビタミンCは私たちの体内で代謝を行うのに不可欠です。ただ、体内では生成できないため、ビタミンCを食物から摂取する必要があります。ビタミンCは抗酸化物質として機能し、フリーラジカルが細胞に損傷を与えたり、炎症、神経変性疾患、消化器疾患、その他の健康への悪影響を引き起こしたりするのを防いでくれます。さらに、ビタミンCは血管内で感染と戦う細胞の産生を促進しますので、免疫システムを適切に機能させるためにも不可欠です。
アセロラは、健康食品でビタミンCの天然資源として使用されるだけではありません。それ以外にも、他の食品調製物のクリーンラベル抗酸化添加物として使用されることもあります。ジュース、そしてハンバーガーやソーセージなどの加工肉にアセロラのビタミンCを用いると、酸化を防いだり、色あいや風味を保ったりすることができます。アセロラはまた、製パン業界では天然の小麦粉の改良剤として非常によく使用されており、より膨らみ、より柔らかさが増し、カビが発生しなくなるために長期保存が可能になるなどの利点が得られます。
CAIFは、健康食品の販売代理店と提携し、日本市場で適切にフィールドを拡大しています。

CAIFについて
CAIF(Concentrated Active Ingredients&Flavors、Inc)は、革新的な天然資源のサプライヤーです。その他のスペシャリティとして、植物抽出物、果物と野菜の粉末、香料と着色料、保存料、繊維などがあります。CAIFの本社はカリフォルニア州オレンジ郡にあり、高品質管理基準と包括的なポートフォリオで知られています。CAIFは継続的に新製品の開発に取り組み、革新的な手順を模索し、栄養学の科学的進歩に追随しています。
詳細については、以下を開いてご参照ください: www.caif.com

Michael Silbergleid
Silverknight Consulting Inc
+1 561-379-7387
email us here


Source: EIN Presswire